おかえりびと

東京オリンピックで注目している競技その② 野球

先月に引き続いての、第二弾!

私が陸上競技の次に注目している競技は、野球です。

私がオリンピックの野球に注目している理由は、私が単に野球が好きだというのと、もう一つ、オリンピックの野球の競技の歴史にあります。

オリンピックにおける日本代表は、公開競技時代のロス五輪で金メダル、ソウル五輪では銀メダルを獲得しています。正式競技になったバルセロナ五輪から、シドニー五輪までの間も日本生命の大エース杉浦投手を中心としたアマチュア選手が代表になっており、一度4位になりましたが、それ以外はメダルを獲得しています。

プロ野球選手が代表入りしたのは、2004年のアテネ大会からです。しかしプロが参加してからの大会では、アテネは長嶋監督、北京では星野監督で金メダルを狙うも、それぞれ銅と4位でした。そして、ロンドンとリオでは野球は正式競技の枠から脱落し、実施されませんでした。

久しぶりのオリンピックの野球で、しかも東京大会。稲葉監督率いる侍ジャパンは気合が入っていると思います。東京大会での日本代表は、金メダルという今まで以上の重圧がかかっていると思われます。しかし、かつて世界最強だったキューバ代表は、最強打線が現在では弱まっている可能性があり、アメリカ代表は大リーガーが不参加など、チャンスがあると思います。

どんな選手が選出され、どんな活躍をするかが今からワクワクします。昨年のプレミア12での選出された選手を中心にチームが結成されると思います。今回は、大谷選手やダルビッシュ投手などは、大リーグ側が選手の出場を許可しないと思われるので見られないのは残念ですが、プレミア12に出場しなかった千賀投手、菅野投手、柳田外野手などは必ず選ばれることでしょう。

東京五輪では強い日本代表が見られるはずです!
8月8日の横浜スタジアムでの決勝ではどのような結果になっているでしょうか。

ページ上へ